2006年12月26日

「感性」のマーケティング

今回は、本の紹介

『「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ』

マーケティングはモノを売る商売ではないということは前回のブログでも書いたが、

一番大切なのは、相手の感性に訴えかけること

よく引き合いに出されるのが

「ディズニーランド」

どうして「ディズニーランド」にはあんなに人が集まるのか

その答が「感動」にある

つまり、人の感性・感情に訴えかけているところに成功のヒントがある。

今回紹介する本も、その”本質”を突いている。

マーケティングを勉強していくとある法則が見えてくる。。

max



「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ
[著者] 小阪 裕司
[種類] 新書
[発売日] 2006-11-18
[..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by max at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハウスリストの最大化

今回は矢継ぎ早に情報をだしていく。

その理由は、情報は”生物”だからだ。

今回紹介する情報もマーケティングに関するものであるが、

人数限定のため、早く出さないと腐って使い物にならなくなる。

では、早速紹介する。。


”この方法を使えば、今から30分以内に誰でも数万件以上のハウスリストを無料で入手できます!「●●●●を使った超簡単/超高速ハウスリストの作成方法」限定20本残り6本!ご購入はお早めに。”

http://www.infotop.jp/click.php?aid=15752&iid=1784&pfg=1

ハウスリストはご存知であるだろうか?

つまり、いままで購入する見込みの高い”優良顧客”のリストを指している。

よくマーケティングと営業の仕事を一緒にしている方を見かけるが、

全く違うものであることをもう一度確認していただきたい。

マーケティングは、商品やサービスに興味のある見込みのお客様を多く”集める”ことを目的とし、

営業は、マーケティングで集めたお客様に対して、いりますか?いらないですか?

と”販売していく”ことを目的としている。

だから、売れるか売れないかは営業の力ではなく、

実はマーケティングに寄るところが大きい。

いくら営業ががんばっても、まったく興味がないひとに販売を掛けても

時間と労力の無駄で終わってしまう・・・

今回、紹介する情報はその優良顧客である

”ハウスリスト”をいかに多く集めることができるのかにフォーカスしている。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=15752&iid=1784&pfg=1


言葉は良くないが、マーケティングは”数のGame”

=いかに多く集めることができるか

それも購入する確立の高い顧客を

それが明確に描けていれば、実は売ることはそんなに難しいことではない

シンプルなところに回答があるのかも知れない・・・

max
posted by max at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ITを利用した自動化

さて、早速、情報商材のサイトを紹介したいと思う。

といっても何でもかんでも紹介するのではなく、

今自分が一番興味のある分野から始めていく

マーケティングの分野でこれはどうかなというものをいくつか取り上げる。

まず、こちら

■【YAHOO・Google完全攻略】 ★究極の自動DMマシーン

http://www.infotop.jp/click.php?aid=15752&iid=1473&pfg=1

マーケティングを行うにあたり、

いかに人を集めることができるか

=集客

にフォーカスしていくのだが、

最初の記事も書いたとおり、IT化によりいかに「自動化」することかが今後の課題になってくる

マーケティングをこつこつ一人でやっても時間には限界があるし、

どうしても効率がよくない、

ここで紹介しているソフトはいかに効率よく「自動化」できるのかを紹介している。

これからは「お金」はもとより、いかに時間を「有効」に使うことができるかが

大きなウェイトを占めてくる。

特にインターネットでのマーケティングが今後の主流になることを鑑みると、

外せないのが「SEO」対策


つまり、いかにして、自己を他者より目立たせることができるのか。

ここでは、2大検索サイトのYahooとGoogleを利用して、

効果を最大化する方法を提供している。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=15752&iid=1473&pfg=1

自分でこのようなシステムを組むことが可能であれば、

この情報は無に等しいが、技術がない人、時間がない人は

それを購入することによりもっともレバレッジを効かすことができる。

実は、”情報”を購入するもっとも大きな理由は

そこにあるのではないだろうか?

max
posted by max at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始めに。

皆さんこんにちは。

最近よく目にしているのが「ロングテール」なる言葉・・・

インターネットに触れる機会が少ない人は最近減ってきていると思うが、

「ロングテール」という言葉は始めて聴いた方も多いと思う。

実は僕もつい最近、本屋で目にして「なんじゃこりゃ!」という印象を受けた。

ちょうどその当時、会社を辞めて、これから起業準備をしていたとき

マーケティングの情報を探していた。

たまたま手に取った本が「ロングテールの法則」

http://www.amazon.co.jp/80%E5%AF%BE20%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87%E3%82%92%E8%A6%86%E3%81%99-%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-%E8%8F%85%E8%B0%B7-%E7%BE%A9%E5%8D%9A/dp/4492555501/sr=11-1/qid=1167122208/ref=sr_11_1/249-7150274-7035549

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB

この「ロングテール」

インターネットの副産物で出来た物ではないのか・・・

プラス面として、インターネットの出現により、

マーケティングに掛ける人件費が格段に減った

システムを組み込むことにより、「自動化」ができる

「自動化」ができることにより、マーケティングに必要な情報を得ることができる。

今までは、優良な2割の顧客相手に時間と人手をかけて、残り8割は切り捨て的な取扱いがなされてきたが、

インターネットとりわけIT化により

残り8割もマーケティングの対象として取り入れることができる。

それは先程書いた「自動化」のなせる業・・・

IT化により、大手企業でしかできなかったマーケティングが

個人でも感受できることが可能となった。

果たして僕でもそれが可能なのか、検証してみたいと思い、

このブログを立ち上げた。

巷では、”情報企業家” ”アフィリエイター”なるものがインターネット上を騒がしているが、

果たして彼らは本当に儲け続けているのだろうか?

もしかしたら誇張しているのではないのか?

と疑問を持っている。

このロングテールの法則では、インターネットという無限の市場と

在庫を抱えなくても商売ができるという着眼点から

インターネットという架空の在庫に(amazonの例でいうと)本を置き続けることが可能である

ということから、8割の売れない本を置き続けても、デメリットが発生しない

逆にいうと売れるまで置き続けることができる(在庫の維持費がかからない)

8割の売れない本が売れたときにニッチマーケットの可能性がでてくる

それが「自動化」により、情報として蓄積される。

よく、小規模でのマーケティングでは「ニッチマーケット」を狙えといわれるが、

それが実現できる可能性を持っている

で、検証として情報起業家が出している情報なるものを

アフィリエイトを使ってみたいと思う。

どの情報にニーズがあるのか、また、これから何が流行るのか、

検証と分析をしていくことを目的としている。

情報として需要があるといわれているのが、

「お金」

「コンプレックス解消」

「男女関係」

の3つがその主である。

情報が出始めた頃は

「1月で100万円の収入を得た!」

といった類のものが多発していたが、

短期で稼げるものには限界があるし、

誰でも万人に稼げるものは限りがあるのではないのか?

一番得をしているのは、その情報を買って試した人ではなく、

その情報を”販売した”人ではないのだろうか?

どちらが仕掛ける側で、どちらが仕掛けられる側か

自分の立ち位置をしっかり見ないと、思わないところで足元をすくわれてしまう。

大分長くなってしまったが、今自分の思うことを勝ってに書かせていただいたことに感謝し、

次回に繋げていく所存です。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

max
posted by max at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。